東京の保育士は短大卒が有利

保育士の資格を取得できる学校は四年制大学や二年制の短期大学、さらには専門学校や通信教育がありますが、東京で保育士として働くことを前提にするのであれば二年制の短大で保育士資格を取得すると有利になります。どの学校で取得したとしても資格の内容に違いはありませんが、重要なのは取得に掛かる期間です。

四年制大学では四年間を使って取得し、そして大学卒業後に就職しますが、短大であればその半分の二年間で済むのです。

専門学校も二年間ですが、短大であれば保育士の資格取得に必要な講義だけでなく教養の講義を受けることが出来るためより人間的な幅が広がります。



通信教育は試験の合格率が高いとは言えず、確実ではありません。

また、東京では人口が多いために就職先となる保育園の選択肢も豊富です。



それだけ多くの資格取得者が求人に応募しますが、ここで重要なのが、短大であれば21歳になる年齢で卒業して就職できるという点です。

保育士は女性が多く、結婚や出産を機に退職してしまうことが非常に多いのです。


そのため、採用する保育園側としては少しでも長く働いてくれる人を求めています。四年制大学を卒業してから就職すると23歳になるとしから働くことになるため、短大を卒業した人と比べると2年間の差があるのです。
東京は短大の数も多く、保育園も揃っているため資格を取得して働くための環境が整っています。将来を見据えて、短大で資格を取得することが有利なのです。

東京都の保育士情報サイトはこちら