埼玉県の保育士や待機児童の現状

埼玉県の待機児童数は全国でも常に高めで推移していますが、首都圏で見てみると少ないと言われています。しかし待機児童は0な訳ではなく少子化対策や子を持つ親の為にも改善が期待される部分といえます。


様々な取り組みにより多少の待機児童減少が見られる年等もありますが、依然として認可保育所に入れずに家庭保育室等に子供を預けて働く親が多く見られます。



埼玉県だけでなく全国的な問題であるとされますが保育所の整備が進まない背景には様々な原因が挙げられます。

原因の1つとして保育士の不足があります。

保育士資格を持っている潜在保育士の数はとても多いと言われていますが、様々な理由から保育士の仕事に就いていない人が多い為です。

埼玉県の保育士情報サイトはこちら

原因として賃金の安さが挙げられます。


厚生労働省の調べでは保育士平均給与は月収で210000円、年収で3100000と言われています。

全産業の平均給与から100000円程低いとされ、その職務の責任の重さや業務の過酷さに見合わないとして退職していく人が多くなっています。
埼玉県の平均給与は全国平均とほほ同じような水準を維持していますが、有効求人倍率が高く需要は大きくなっています。



労働時間が全国平均と比べると長く、人手不足等の影響で労働内容が厳しくなっているようです。

県では待機児童をなくす事で少子化にも影響があると考えて様々な取り組みを行っていますが、早急に解決される事が埼玉県に暮らす子育て世代の為の課題となっています。